返報性について恋愛心理学からみてみよう~。

恋愛心理学において心理的報酬っていうことばがあるんだけどね。
相手に負担をかけたら、負担にたいしてのお返しをしたくなるって心理状態のことを恋愛心理学でいうみたい。

スポンサードリンク

自分と合わない相手なら心理的負担が大きいもの・・・。
いちいちお願いをしたり頼みごとをしなけらばならないって時に、自分がかけた負担に対して相手を喜ばせてあげたい。
と思う気持ちが返報性になるってわけだね。
自分にかかった心理的な負担をどうにかして軽くしたい、感情のバランスをとるために動く機能ってわけだね。
好意を受けて返す、つまりギブ&テイクって言葉がハマルんじゃないかな~?
心理的にはたらいて好意の感情のバランスを取ろうとすることを、恋愛心理学では、好意の返報性なんて呼ばれるものなんだけど。
自分を好きになってくれたら、恩返しに相手を好きになるといったものだね。
けっこう恋愛においては基本なんだとか・・・。
自分の気持ちを伝えたことで、相手に特定の人がいなければ受け止めてもらえる確率があるってこと。
自然な流れで気になってしまうもので、気にしてればだんだん自分も好意を抱いていくって事だね。
返報性の影響によるもので、「自分を開けば好意的になる」なんていう経験をしたって人もいるんじゃないかな?

▲このページのトップへ

恋愛心理学・・・オススメですイメージ

携帯版のQRコード

恋愛心理学・・・オススメです:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://apeekinside.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。